市ヶ谷中央法律事務所から受任通知兼請求書が届いたときの対処法

市ヶ谷中央法律事務所から『受任通知兼請求書』などが送られてくるまでに、何度か債権者から電話やハガキによる取り立てを受けてきたのではないでしょうか。本当は、法的手続きの警告が来る前に何度もあなたに対して支払いを促す注意喚起がなされていたはずです。
『督促がきた!どうしよう?』と不安になっている方、匿名で無料相談できる専門家に問い合わせてみることをおすすめします。適切に対応する方法を教えてくれること間違いありません!

手遅れになる前にまずはこちらから無料相談をどうぞ

まずあなたが確認するべきこと

まずは、送られてきた通知書が正しいものなのかを確認する必要があります。ソフトバンクやメンバーズモバイル、楽天、アルコ、キャピタルウィングなどのご利用はありませんか?延滞や滞納のない方やまったく身に覚えがない方は、この通知は詐欺や架空請求といったことが考えられますので注意しましょう。
今、世の中には、特に債権回収の実績が豊富な法律事務所の名前を騙って偽の督促電話やメール・郵便物などを送り、受け取った人を怖がらせて不当にお金を支払わせるという架空請求詐欺の手口が横行していますので、このような架空請求詐欺に対しては、絶対にお金を支払ってはダメです。

未払いになっているものがある方や心当たりのある方

市ヶ谷中央法律事務所は、債権者である業者から債権回収の委託を受けている債権回収に強い法律事務所の1つです。債権者である金融会社や信販会社、携帯会社、通販会社、家賃保証会社、債権回収会社などの業者から市ヶ谷中央法律事務所が債権回収の委託を受けて当事者の方に連絡してきている可能性が高いと言えます。

特に、市ヶ谷中央法律事務所は、JCOMやソフトバンク、メンバーズモバイル、楽天、アルコ、Paidy(ペイディ)、キャピタルウィングから委託されて債権回収業務を代理人として行っています。

メールやショートメッセージを無視してはだめです

市ヶ谷中央法律事務所から何度も督促電話やSMSが届いていませんか?支払いが遅れている場合、まず、電話やショートメッセージで『訴訟予告書を送りました。』や『受任通知書を送りました。』などのようなメッセージが送られてきます。

それでも対応しなかった場合は、封書やハガキが郵送されます。

封書やハガキが郵送されてきた場合

「この度、〇〇債権者から貴殿に対する下記債権につき債権回収の委託を受けましたので・・・」という内容の受任通知兼請求書が袋とじハガキ封筒で届きます。

内容は以下のことをお知らせしています

  • 債権者から依頼を受け、市ヶ谷中央法律事務所が債権回収業務の任に当たることとなった
  • 今後、窓口は市ヶ谷中央法律事務所になること
  • 東京弁護士会所属の弁護士法人であり、日本弁護士連合会のホームページで登録の確認ができること
  • 不明な点、支払いに関する相談はいついつまでに事務所まで連絡ほしいこと
  • 振込先

「受任通知兼請求書」の内容

市ヶ谷中央法律事務所からの通知書には、『本件についてご不明な点や、お支払いに関するご相談等がございましたら、お手数ではございますが○年○月○日までに、当事務所までご連絡をお願いいたします。なお、本状と行き違いにお支払いいただいておりました場合は、ご容赦ください』などと記載されています。

契約の細かい内容については書かれていないことが多く、債権者の名前、振込先、連絡先は書かれていますが、安易に連絡することは避けましょう。

時効期間が過ぎていないか確認しましょう

貸金業者からの借金は、原則として最終弁済日から5年経過すると時効を迎えることになります。しかし5年経過すれば自動的に時効が成立するのではなく、時効を「援用」することで初めて成立することになります。言い換えると、『この借金は時効ですよ』と宣言する必要があります。

最終弁済日から5年経過すれば必ず時効援用できるか?と言えば、そうでもありません。時効は「更新」させることも可能なんです。最終弁済日から5年経過したと思っても、実は時効が更新している可能性はあるので要注意です。時効援用の手続きは自己判断で行うのは非常に危険ですので、もし、自分では覚えがなく、昔の債務について請求をされた場合は、速やかに弁護士に相談することをおすすめします。

必見 時効援用の手続きについては専門家に相談しましょう!

債務の承認による時効の中断に注意しましょう

もし、借主が時効に気づかずに借金の一部を返済したり、今後の返済を約束したような場合は、時効期間が経過していても、債務を承認したものとされ時効が中断してしまう恐れがあります。もし、時効の可能性がある場合は、市ヶ谷中央法律事務所から請求されても安易に電話をすることはやめておきましょう。何も知らずに電話をしてしまうと、返済の約束を取り付けられて時効が中断してしまうことがあります。

専門家に相談することにより、中断事由の有無を調査したうえで、内容証明により確実に時効の援用を行います。しかも、依頼した時点で市ヶ谷中央法律事務所からの請求が止まります。

匿名で無料相談できるところはこちら

督促は支払うまで続きます

督促状には、いくら滞納しているか、いつまでに支払えばよいかなどが記載されています。督促を無視していても何の解決にもなりません。支払うまで督促は続きます。少しでも支払いをすることで、この状態は解消される可能性があるかもしれません。

支払わないと自宅に訪問されることもあります

自宅や職場が分かっている場合には、直接訪問される事もあります。自宅への訪問をされるということは、家族や同居人に支払っていないことが明らかになってしまいます。

しかも、職場に訪問される場合には、勤務先のいろんな人に知られてしまう恐れもあります。

「自宅に取り立てなんてこないだろう」と思っているかもしれませんが、現実はそう甘くはないようです。

どこからも借りられないとあきらめていませんか?

少しでも支払いたいけど、これまで延滞したり、滞納していてどこからも借りられないと思っていませんか?返済する気があるなら借りられるところがあるんです。

必見 どこからもお金を借りれないと悩んでいる方、こちらなら借りれます!

複数の借り入れがあっても大丈夫!お金が必要な方はコチラからどうぞ

滞納していてもお金が借りれるところがあります

お金を返さないとブラックリスト…?と悩んでいるあなた、返済するために少しでも用立てたいという方には少額でも借りられるところもあるんです。

少額でも借りれると評判!今すぐにお金が必要な方はコチラがおすすめです

複数の金融機関にローンのある方はおまとめを!

複数のローンをひとつにまとめて一本化できる「おまとめローン」がオススメです。この「おまとめローン」を利用して月々の支払いを減らすといった方法もあります。

なお、おまとめローンを利用するときも審査がありますので、審査に甘いところを選ぶことをおすすめします。大手消費者金融以外にも、おまとめローンを揃えている貸金業者は決して少なくはありません。おまとめローンするならこちらがおすすめです。

審査に通りやすいと評判!おまとめローンならコチラがおすすめです

他社での借り入れが難しいという方でも借りれます!
柔軟な審査で対応してくれる金融機関と言えばこちらがおすすめです。

柔軟な審査をしてくれるところといえばコチラがおすすめです

債務整理を行うのも一つの手段です

市ヶ谷中央法律事務所から督促がきて、金額が多額でどうしても払えない、でも時効も成立していない、という場合は、債務整理を検討することも一つの手です。債務整理は、借金の返済ができなくなったとき、法的に借金を整理する制度で、主に任意整理、個人再生、自己破産などの制度があります。任意整理と個人再生は債務を減額してもらう制度です。

任意整理は、利息をカットする形で債務を減額することになります。裁判所を介さずに債権者と直接交渉して手続きできるため、整理するのも早く、また、費用も安いので、債務整理の中でも最も多く利用されるといわれている制度になります。

必見 任意整理に強い専門家はこちらから

個人再生では、任意整理よりも大きく借金を減額できますが、裁判所を介して行われるため、提出書類が多く、任意整理に比べると手続はかなり複雑と言えます。裁判所に認可されれば返済はずいぶん楽になるでしょう。

自己破産は、借金を全額免除してもらえる制度になります。こちらも裁判所を介する制度で、財産を処分・換価されて債権者に平等に配当されるので、メリットもデメリットも大きい制度と言えます。

債務整理を得意とする法律事務所はこちら

市ヶ谷中央法律事務所からの督促の連絡を無視するとどうなる?

市ヶ谷中央法律事務所からの電話で正当な督促であった場合、これを無視し続けると取り返しのつかない事態になってしまいます。「怖くてどうしていいかわからない」「無視していればそのうち止むだろう」などと考えて放置しておくことはとても危険です。速やかに専門家の方に相談するといいでしょう。

もし、市ヶ谷中央法律事務所からの正当な督促を無視した場合、どのような事態が発生するのでしょうか?

市ヶ谷中央法律事務所からの督促が続きます

市ヶ谷中央法律事務所が債権回収を受任した場合、通常は債務者に対して何度か督促の連絡を電話やハガキ、内容証明郵便、ショートメール(SMS)などによって行います。督促を無視していると、連絡の内容・文面はだんだん厳しいトーンのものになっていき、最終的には最後通告という形で、これ以上履行遅滞・滞納が続くようであれば訴訟などの法的な手段に移行するという内容の連絡が来てしまいます。

市ヶ谷中央法律事務所から正当な債権回収の連絡を受けた場合には、この法律事務所からの督促の段階で何らかの対処しなければいけません。

必見 とにかく督促を止めたい方はこちらへご相談を!

匿名で無料相談できるところはこちら

裁判所による支払督促、訴訟が行われます

市ヶ谷中央法律事務所からの督促に債務者が応じない場合、債権者と法律事務所は、裁判所を通じた法的手段に訴えることになります。債権者が取り得る法的手段は、①裁判所による支払督促の申立て、②訴訟提起の2つです。

①裁判所による支払督促

債権者の申立てにより、裁判所は債務者に対して、債務を支払うよう督促を行います。裁判所からの支払い督促を債務者が受け取ってから2週間以内に異議の申立てをしなければ、債権者からの申立てにより、支払督促に仮執行宣言というものが付されることになります。

仮執行宣言が付された支払督促に基づいて、債権者は強制執行の申立てをすることができます。
②訴訟

債権者が債権回収に関して訴訟を提起した場合、裁判所から債務者に対して訴状が送られてきて、同時に裁判ヘの出頭が要請されます。債務者が出頭要請を無視したとしても、裁判は予定の期日に行われます。そして、債務者欠席のまま、債権者の言い分を全面的に認める判決が出されてしまいます。

判決が確定したら、債権者はその確定判決を用いて強制執行の申立てをすることができます。

強制執行

仮執行宣言付きの支払い督促や、債権者勝訴の確定判決を根拠として、債権者は債務者の財産に対する強制執行の申立てを行うことになります。

強制執行が行われると、債務者の意に反して突然財産が処分され、いきなり生活に困窮したり、直近で支払うべき料金が支払えなくなってしまったりといった事態が発生する可能性があります。
また、給与債権が差し押さえられた場合には、借金や料金を滞納していたという事態が職場にもバレてしまうことになるので注意が必要です。
市ヶ谷中央法律事務所に債権回収を依頼している段階で、債権者としては本気で債権を回収しに来ているといえますので、強制執行の段階まで一気に進んでしまう可能性が極めて高いと言えますので、できる限り早めに相談して、対処方法を検討する必要があるでしょう。

自分だけで悩まず専門家に相談しましょう

市ヶ谷中央法律事務所から正当な督促の連絡を受けた場合、放置していると最終的には強制執行が行われ、取り返しのつかないことになってしまいます。早めに専門家に相談してみることがおすすめです。プロの専門家は、こうした督促に対処し、強制執行を回避するためのノウハウや専門知識を有していますので、債務者としては安心して依頼をすることができます。

思い切って専門家に相談することで、借金のお金の金利がなくなり、本当に返せる金額だけを返すだけでよいことになるかもしれません。専門家があなたに代わって交渉してくれますので、気持ちも楽になるでしょう。

匿名による相談を利用しましょう

『相談料は無料だけど、本当に良い専門家なのかどうか心配』という方は、匿名希望の方にも無料で相談に乗ってくれる法律事務所にとりあえず匿名で相談をしてみて、信用できるかどうか自分で確かめるといいかもしれません。

必見借金でお悩みの方、無料相談できるところはこちらです

本名、住所などは明かさずに相談できるので、借金で悩んでいる方は一度は試してみないと損です!無料で相談にのってくれ、その後、自分でどうするか決めることができます。「しつこく勧誘されることになったらどうしよう?」と思いがちですが、何も心配することはありません。迷惑なメール、勧誘の連絡など一切きませんので安心してください。

手遅れになる前にまずは匿名で無料相談したい方はコチラ

© 2022 市ヶ谷中央法律事務所からの受任通知兼請求書や督促を無視するとどうなる?